ペットと一緒に暮らしているおひとり様の引っ越し事情とは

引越しの用意を開始すると、片付けなくてはいけない手続きが色々とあって呆然としてしまいます。
大多数の人は引越しまでの予定表といったものをまとめて、全ての手続きを確実に済ますように対策しています。
とはいうものの、引越ししてから手抜かりがあったことが判明することも頻繁に起きると言われています。
とりわけ抜けてしまうことが多いのは、ペットの登録内容を変更する手続きです。
引越し先でもペットと暮らそうと考えているならば、新たな住所の管轄になっている役所や保健所といった動物の管理を統括しているところで登録を申し込みましょう。
ペットを飼うに際して届けをしている事項を変える手続きは、新住所ですれば良いシステムになっています。
引越し前の役所などで渡される鑑札と、狂犬予防注射証を新住所の役所に持って行きます。
登録には印鑑も必要ですので、確実に準備しましょう。
無事に登録を終えると、新しい鑑札が発行されます。
引越しをする場合のペットの登録手続きは、引越しが済んでから30日以内に済ませるようになっています。
引越しに際して手続きが要求されるペットは犬がほとんどですが、他に登録が義務づけられているペットもいます。
猫・鳥については届けは不要なので、手続きをすることはないです。
動物愛護管理法で決められた特定動物というのは、私たちの命や身体、そして財産を害する可能性があると断定された生き物です。
知名度の高いところでは、ワニガメやサルや蛇などの動物が当てはまります。
引越しが完了してからトラブルが起こらないように、引越し時に要することをリストアップしてきっちり済ましていきましょう。
新たな住所地に存在する動物愛護センターなどを把握しておくといいでしょう。